最近は妊娠出産を終えてママタレとして復帰する芸能人が多くなってきました。

しかも出産から復帰までの期間がかなり短くなってきましたね。

みなさん産後とは思えないくらいスリムなスタイルで登場します。

出産のたびにお腹がぽっこり出て脚が太くなる、ということが当たり前な時代はもう終わったようです。

産後のダイエット早く始めたい…いつからすべき??

妊娠中に増えた体重や大きくなったお腹は、出産を終えると同時に妊娠前の状態に戻ると誰もが楽しみにしていると思います。

しかし実際には、産後のお腹はもう一人入っているかのように大きいままで、体重も驚くほど減っていない場合が多いです。

育児に加えて自分の身体を元に戻すことにこれほどまでに神経を使わなければならないとは想定していなかったとガッカリしますね。

同時に早く痩せなければと、すぐにでもダイエットしたくなることでしょう。

産後の身体と精神は自分が思っている以上に不安定です。

痩せるための運動は難しいですし、母乳育児をするかしないかに関わらずしっかりと栄養を摂らないと、まともに睡眠をとれない状況を乗り切ることが出来ません。

 

昔から言われている事ですが産後一カ月は安静にしている方が良いと考えられます。

これはその後の自信のスタイルのためにも大事な一カ月なのです。

産後一カ月は特に骨盤がぐらぐらしている状態です。

この不安定な状態で頑張って動き過ぎると開いた骨盤内に脂肪や内臓が入ってきてお腹がどんどん出てきます。

かといってサポーターで強く締めるには早すぎます。

この一か月間はそれほど強くないサポーターで骨盤を保護し、横になっている方が骨盤内に余分なものが入り込まず、身体の回復も出来るので結果的に早く産後のダイエットを始められるはずです。

具体的にいつからダイエットを始めて良いかなどは出産自体が十人十色ですべて違うので主治医の許可がおりてからが安心です。

一カ月検診などの検診の時にどれくらいの運動なら良いかなど確認すると良いです。

産後のダイエットは授乳中でも難しいかも・・・

さて、ダイエットの許可がおりたとして何から始めたらよいのでしょう。

食事制限には限界があります。

授乳中に極端な制限をしては赤ちゃんの発育にも影響が出兼ねませんし、産まれてすぐの赤ちゃんはまとまって寝てくれることがほとんどないので産後の女性は栄養をしっかり取らないと体調を崩してしまいます。

ということは、運動でダイエットするしかないですね。

しかし、授乳中にランニングや激しい運動をするのは意外と難しいものがあります。

胸が張ってしまうこともありますし、母乳で大きくなった胸の取り扱いはなかなか困難なのです。

出産を境に体型が変わってしまうのは骨盤の影響が考えられます。

出産時、赤ちゃんが通りやすいように骨盤は大きく開き、それは産後すぐに締まることはなく、不安定に開いたままになっています。

この状態で骨盤のケアを何もしないまま生活を始めてしまうと骨盤が歪んだり、骨盤という支えを失った内臓が下に下がって下腹が出てしまったりということになる可能性があります。

逆に産後の骨盤が柔軟な状態で正しく骨盤ケアをすれば、産前よりも骨盤がキュッとしまってスリムな体型を手に入れることが出来るかもしれないのです。

産後のダイエットは骨盤に着目して始めると良さそうです。

簡単、短時間、辛くない!産後のダイエットはレグールを活かそう!

骨盤ケアといえばレグールがおすすめです。

レグールは1日3分のエクササイズで骨盤矯正ができます。

激しく動いたりする必要もないので授乳中の身体でも問題なく行うことが出来ます。

使用中も音が出るものではないので、赤ちゃんが寝ている間にサッと終わらせることが出来ます。

こんなに簡単で短時間で行えるレグールですが、効果が期待できなければたった3分でもやる気になりませんね。

大丈夫です。

レグールは骨盤を支えている骨盤底筋を鍛えてくれます。

骨盤底筋は体幹の中心部分にあるため、自分で意識して鍛える事が難しい筋肉です。

しかし、骨盤底筋が衰えると骨盤がひらく、ゆがむなどの現象を引き起こします。

そして、ぽっこりお腹や便秘、O脚、腰痛、猫背など見た目の悪いスタイルを作り出されてしまうのです。

この骨盤底筋を効率良く鍛えて、骨盤をしっかり引き締められるよう骨盤矯正のプロである整体師さんが開発したのがレグールです。

期待して良いように思えますよね。

産後様々なストレスと戦いながら、キレイなお母さんでいたいと願う女性には是非レグールを試していただきたいです。